スポーツ障害の予防に必要な身体を身につける

ついつい後回しになりやすいストレッチ。スポーツ障害の予防にはとても大切です。

スポーツ障害に伴う痛みは成長痛ではありません。スポーツ障害とは、繰り返し加わる微細なストレスによって生じるケガのことです。この微細なストレスをケアをすること、予防することが必要です。身体の柔軟性を得るためのストレッチはスポーツ障害のケアと予防には大切な要素です。

CHECK!

身体を動かすためには土台がとても重要です

起きている現象の前に、その現象が起きた原因をみつけだすことが重要です

  • 1920タイル圧縮

    POINT01

    使いすぎ

    オーバーユース(overuse)とは、同じ動作を続けることによる使い過ぎのこと。

    ディスユース(disuse)とは、準備運動不足など、急な運動時に起こる身体への負担のこと。

  • 1920石圧縮

    POINT02

    使い方

    マルユース(maluse)には、外的要因と内的要因がある。外的要因は運動する環境や道具などが挙げられ、内的要因には静的・動的アライメントがある。アライメントとは構成要素における各部の相対的位置関係を示す。つまり不良姿勢や不良フォームなどによる身体への負担のこと。


  • 1920タイル圧縮

    POINT03

    予防するには

    使いすぎであれば、休養も重要なケアの一つ。痛みや熱感があればアイシングも必要です。使い過ぎにより筋の過緊張部は静的なストレッチを行う。使い方に問題がある場合は、よく行われるのがフォーム修正です。その前に根本的な身体の動き(姿勢や関節の可動域、柔軟性など)が原因となっていないかをしっかりと見極めなければなりません。

お急ぎの場合は電話窓口まで、お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00~19:00

Access

一人ひとりの身体の状態を確認し、必要な運動方法をわかりやすくご提案


Loosen_salon

住所

〒373-0817

群馬県太田市飯塚町1381ー2


Google MAPで確認する
営業時間

9:00~19:00

定休日 不定休
地域密着で症状に合わせた施術を手掛け、地域にお住まいの方々の健康をサポートできるよう努めております。デスクワークやスマホ操作など、現代人は肩こりや眼精疲労などの原因の多い中で生活しています。慢性的な違和感や凝りが酷い痛みに変わってしまう前に、症状と原因に合わせた早めのケアをしませんか。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。